【本気で億り人を目指すクリプト運用術】書籍(eBook)無料プレゼント

「ApeCoin(エイプコイン)」上場!「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」ボアードエイプ関連

いつかは「ボアードエイプ・ヨットクラブ(BAYC)」のNFTオーナーになりたいという夢があるのですが、高嶺の花過ぎます。
私も欲しいけど、最低価格3,000万円では、さすがに無理ですね。
でも、「ApeCoin(エイプコイン)」が上場したので、これならいくらでも買えますよ。
値上がり益でNFTオーナーになれるかな(笑)?

上野ひでのり

ApeCoin(エイプコイン)とは?

2022年3月17日上場

Coinbase、FTX、Binance、Geminiなど、海外のほとんどの主要暗号資産取引所に上場されています。
CoinMarketCapでは時価総額約37億ドルで33位、CoinGeckoでは時価総額は13億ドルで69位となっています。

「ApeCoin DAO」という新しい組織のプロダクトという建てつけ

「ボアードエイプ・ヨットクラブ(BAYC)」が密接に関わり過ぎると、詳細は省略しますが、法的な問題が浮上してくるので、ApeCoin DAO(分散型自律組織)が所有・運営することになりました。
DAOでは、組織を統率する代表者が存在せず、参加者同士で意思決定されます。

「ApeCoin DAO」の参加要件

トークン保有者にはDAOの「Ecosystem Fund(エコシステム・ファンド)」に対するガバナンス権が与えられます。
ApeCoinの保有が、DAOの唯一のメンバーシップ要件となっています。

トークンの割り当て

トークン総供給量の62%はApeCoinコミュニティに、15%は3月17日のエアドロップに割り当てられました。
BAYCのNFTコレクション所有者は、それぞれ10,000ApeCoinをエアドロップ(無償配布)で受け取りました。

トークンの流通量

ApeCoinの総供給量は10億トークンが上限です。
2022年3月17日の上場日に30.25%が流通しました。
この割合は、上場以降、48か月間定期的に増加し続けます。

ApeEcosystem(エイプ・エコシステム)とは?

ApeFoundationがサポートしているシステムです。
イーサリアム規格「ERC-20」のブロックチェーン上で、ガバナンスおよびユーティリティトークンとしてApeCoinを機能させます。


【本気で億り人を目指すクリプト運用術】書籍(eBook)無料プレゼント


ApeCoinの特徴

ApeCoinはステータスシンボルになる


Quantum Economicsのアレクサンドル・ロレス(Alexandre Lores)氏は、DOGE(ドージコイン)やSHIBA INU(柴犬コイン)に投資するようなトレーダーが引き寄せられる可能性があり、「ロレックスやランボルギーニのようなステータスシンボル」になると指摘しています。

トークンの利用目的

ホワイトペーパーによれば、DAOはNFTプロダクトの他、宝石、書籍、衣類、飲料などの物理的なプロダクトの販売を計画しています。

また、DAOは、サードパーティに対して、エコシステムの特定の部分へのアクセスも開放し、ApeCoinを特定のサービス、ゲーム、その他のプロジェクトに組み込むことを許諾します。

マーケットプレイスでの決済もApeCoinで


「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」のNFTプロダクトのマーケットプレイスの決済に、ApeCoinが使用されることで流動性が向上し、トークンの利用価値も向上すると思われます。

ApeCoinの相場について

リアルタイム相場




今後の相場の見通し

上場初日の2022年3月17日、わずか数時間で39.4ドルから6.48ドルまで80%下落しましたが、18日には90%上昇し15ドルを超えました。
2022年3月24日には13.5ドル程度となっています。


【本気で億り人を目指すクリプト運用術】書籍(eBook)無料プレゼント


ApeCoinの買い方

ApeCoinは日本の取引所で買うことはできません。
ApeCoinが買える海外取引所は、Bybit(バイビット)が最もおすすめです。
気軽にクレジットカード決済も可能なはずなのですが、おそらく2022年4月1日から施行されたトラベルルールが影響していると思います。
それ以降、日本で発行されたクレジットカードでは仮想通貨の決済が通らなくなりました。6社試したのですが全滅でした。

という訳で、面倒ですが、下記のような段取りでお願いします。

STEP.1
日本の暗号資産取引所に口座を開設する
STEP.2
ビットコインを購入する
日本円を入金してから、取引所でビットコインを購入します。
STEP.3
BybitにBTCを送金する
Bybit(バイビット)から入金用のビットコインアドレスをコピーし、日本の取引所の出金フォームに貼り付けて送金します。
STEP.4
BybitでBTCをUSDTに換金する
「トレード」>「現物取引」から、「BTC/USDT」を探して全額売り(成行注文がおすすめ)
これで全額USDTに換金されます。
STEP.5
USDTをAPEに交換する
「トレード」>「現物取引」から、「APE/USDT」を探して全額買い(成行注文がおすすめ)
これで全額APEに換金されます。
以上で終了です。

「USDT」というのは米ドルにペッグするステーブルコインなので、米ドルと同じだと考えてください。
「APE/BTC」という通貨ペアが現状ではないので、いったんBTCを米ドルに換金してから、APEを買う流れになります。


BAYCのNFTコレクションのオーナーは、10,000APE(15ドル換算で150,000ドル≒1,800万円)も貰えたんですね。
やっぱり優良資産ですね。
10,000APEのエアドロップでNFTの価値が希薄化されたのか、NFTコレクションの最低価格が70ETH(2,660万円)まで下がってきています。
NFTとコインの相場から目が離せませんね。

上野ひでのり