【上野ひでのりプロFX】アカデミー会員募集開始

天才トレーダー【ジョー・ディナポリ】によるフィボナッチ・インジケーターの決定版


レオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」には黄金比(フィボナッチ数)が隠されていることはご存知でしょうか?
参考 人体図に隠された黄金比レオナルド・ダ・ヴィンチのノート | ameblo
黄金比率として有名なフィボナッチを相場分析に活かしたいけれど、具体的な方法が分からないと困っていませんか?
この記事では、世界最上級のフィボナッチ「ディナポリチャート(手法)」インジケーターでの分析法を徹底解説します。
神秘的な優位性が実証されています。今すぐに試してみましょう!

フィボナッチとは?

レオナルド・フィボナッチ(Leonardo Fibonacci)は、中世で最も才能があったと評価されるイタリアの数学者です。

フィボナッチ数列では、3項目以降のそれぞれの数は手前の2つの項の数の和になります。
そのため数列は、0,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233…と続きます。

また、2 つの連続する項の比を取ると、次第に黄金比(約1:1.618 または約0.618:1)に近づいていきます

自然界はシンプルな法則で成り立っており、相場も例外ではありません。

フィボナッチ・コンパスをデジタル・インジケータ化

フィボナッチ・コンパスを使うと、トレンド相場の押し目や戻りを簡単に予測できます
また、直近の安値、高値、押し目の3点を指定すると、上昇相場の到達目標を3レベルで推定することができます。

一昔前は、フィボナッチ・コンパスを手書きのチャートやPC画面に表示されたチャートにポイントして、相場の予測を行っていました。
現代のチャートでは、フィボナッチをインジケータとして搭載しているものが増えていますので、あなたがお使いのチャートでも使用できるかもしれません。

しかし、全てのフィボナッチ数が、相場で重要な訳ではありません
最重要なものだけに絞って利用することで、緻密な相場戦略に活かすことができますが、「ディナポリ・レベル(DiNapoli Levels)」は重要な数字だけにフォーカスしたインジケーターです。

下記のようなフィボナッチ比率がよく知られています。

  • 23.6%
  • 38.2%
  • 61.8% (黄金比率)
  • 78.6% (黄金比の平方根)
  • 88.6% (0.786の平方根)
  • 161.8% (1÷0.618黄金比率)

ディナポリ・レベルで採用しているのは下記の通りです。

  • ディナポリ式フィボナッチ・リトレースメント 38.2% 61.8%
  • ディナポリ式フィボナッチ・エクスパンション 61.8%(COP) 100.0%(OP) 161.8%(XOP)

「上昇相場の半値押し」つまり50.0%などが意識されることがありますが、これはフィボナッチ数ではありません。
強い上昇トレンドで、半値押しを待っていたら押し目は永遠に来ないでしょうし、押し目として拾ったら上昇トレンドはとっくに終わっていたというケースが多いと思います。

ディナポリ・レベルでは、38.2%の押し目で買って、61.8%まで引かされたらロスカットのようなルールで運用します。

「ディナポリチャート(手法)」を利用。勝てるFX短期トレードの実例もご参照ください。

相場分析に最適な世界最高峰のチャート

ジョー・ディナポリ(Joe DiNapoli)とは?

トレード経験が40 年以上のトレーダーで、根気強い徹底した研究家、国際的に認められた講演者、広く称賛を浴びている執筆家でもあります。
現在は、バンコクのオフィスから巨額のマネーを運用しています。

全米ネットのTV 番組に出演し、フィボナッチ(DiNapoli Levels)を使用した市場予測、特に株式指数や金利先物の予測を超人的な正確さでやって見せ、高い評価を受け続けています。

上記のチャートは、MT4(Meta Trader4)で表示したUSD/JPYの日足(2021年4月16日現在)です。
2種類のフィボナッチが使われています。

ディナポリ式フィボナッチ・リトレースメント

  • (A)2021年1月6日の安値102.592
  • (B)2021年2月5日の高値105.768

(A)⇒(B)の2点にディナポリ式フィボナッチ・リトレースメントを引くと、(A)「100.0/102.592」、(B)「0.0/105.768」と水平線とともに、レートが表示されています。

  1. 38.2/104.555
  2. 68.1/103.805

この数字は自動計算されてチャート上に、水平線とともに表示されます。
104.555の押し目を待ってロングエントリーし、運悪く103.805に達したらロスカットというのが基本戦略です。

実際に、2021年2月10日に104.409という安値(下ヒゲで残る)を押し目として反発上昇していきました。
実際のエントリーは、104.555ぴったりというよりも、104.500の節目を意識して行えば、10pipsの誤差もない正確さで絶好の押し目を拾えたことになります。

ディナポリ式フィボナッチ・エクスパンション

  • (A)2021年1月06日の安値  102.592
  • (B)2021年3月15日の高値  109.365
  • (C)2021年3月23日の押し目 108.404

(A)⇒(B)⇒(C)の3点にディナポリ式フィボナッチ・エクスパンションを引くと、(C)の押し目でエントリーした場合の利益確定目標レートが下記のように3段階で水平線とともに自動表示されます。

  1. COP(縮小された利益確定目標)COP 61.8/112.590
  2. OP(通常の利益確定目標)OP 100.0/115.177
  3. XOP(拡大された利益確定目標)XOP 161.8/119.363
(※)OPとXOPは、現状のレートから離れているためチャートから見切れています。

第一段階の利益確定目標は「COP 61.8/112.590」であり、当面ここを目指してUSD/JPYロングをキープという戦略が考えられますが、現状ではまだトレード戦略の成否、結果は出ていません。

【無料】全65ページのFXトレードマニュアルを今すぐ!入手

さらに詳しいトレード戦略については、【無料】全65ページのFXトレードマニュアルにまとめましたので、今すぐ!入手してください。

参考 【無料】全65ページのFXトレードマニュアル上野ひでのりプロFX

【ディナポリ手法】MT4インジケーター・セットアップ講座 全5回

MT4を使い、ディナポリチャートを、5ステップで組み上げる講座です。
ディナポリ独自のインジケーターとパラメータの本質的な理解も深まるので、ぜひチャレンジしてみましょう。
MT4ディナポリチャート 3本のDMA(ずらした単純移動平均線)【ディナポリ式MT4】スラスト(強いトレンド)を認識できる

ジョー・ディナポリのDVDで、生の声を聞いて学ぼう!

DVD ディナポリレベルで正確なサポートとレジスタンスラインがわかる

「ディナポリ・レベル(Dinapoli Levels)」とは、フィボナッチ級数の分析をベースとした相場の将来的なサポート/レジスタンスを現時点で明確に表す先行指標のことです。

ジョー・ディナポリのトレードのアプローチで、最も特徴的で重要なことは、先行型の指標を使っているということです。

詳細は、引用元のパンローリング社のサイトをご覧ください。


DVD ジョー・ディナポリのフィボナッチ戦略

~世界最高峰のチャート分析 押し目買い・戻り売りの攻略法~

フィボナッチ等級を使用した投資戦略の最高峰!世界一の技が今披露される!

利益を積み上げる資金管理ルール、投資資金を安全に保つための時間管理の「3期間ルール」など、全ての売買ポイントを明確に設定することができるディナポリのフィボナッチ戦略。

この投資戦略では、対象商品に関係なく、すべての時間枠と流動性のあるマーケットなら、勝率70%~80%が可能になるという。
本セミナーで説明される戦略では、難解でとりとめのない話や複雑で数学的な公式は一切なく、利益を重視し永年通用するものである。

日経平均の予測をはじめ世界中で賞賛を浴びている投資理論、売買手法に加え、セミナーでのみ公開する実践方法を解説。

詳細は、引用元のパンローリング社のサイトをご覧ください。


MT4版「上野式精密水平線トレード専用チャート」には、ジョー・ディナポリ独自のインジケータを全部搭載し、ダウ理論をトレードに活かす工夫も凝らしているんだ!

上野ひでのり