【上野ひでのりプロFX】アカデミー会員募集開始

キリ番のグリッド線を設定、間隔を固定できるグリッドビルダー【MT4無料インジケーター】

グリッドビルダー


MT4のデフォルト設定では、Y軸の目盛はキリ番表示できないので、お困りですか?
グリッドビルダーというインジケーターを導入すれば簡単に表示できます。
常に等間隔でキリ番のグリッド線を固定表示することにより、プライスの節目をサポート・レジスタンスとして意識できるようになります。

優れたFXチャートの最低条件

25pipsのプライスの節目ごとにグリッド(水平線)が表示されている

グリッドの間隔は、ひとつのチャートに対して複数設定することはできませんので、マルチタイム・フレームを前提として、1分足なら5pips単位、5分足なら25pips単位、1時間足なら50pips単位、4時間足なら100pips単位などなど、節目のプライスとして意識されやすい間隔で設定して、同時に表示できるようにMT4のチャートを分割表示するのが良いと思います。

節目のプライスというのは、すなわち市場参加者が必ず意識するキリ番であり、重要なレジスタンス・サポートとして機能します。

そんなに重要なグリッド(水平線)をMT4のデフォルトでは表示することができないので、専用のインジケーターの導入を考えます。

グリッド(水平線)のスケール(絶対値)が固定化されている

上記のグリッドの導入に成功したとしても、MT4の優れた機能として、画面内にチャートの全景を収めようと自動で縮小・拡大表示して最適化してくれます。

確かに便利ではあるのですが、変動が大きい時間帯にはローソク足が相対的に短くなり、変動が小さい時間帯にはローソク足が相対的に長くなります。

本来は、「この幅(何センチ)動いたら、10pipsだ」というような絶対値の相場感覚が重要なのに、そういう健全な相場感覚を養うことができません。

さすがに、MT4の設計者もその点はよく理解しているようで、「スケールの固定」という機能は搭載されています。

設定方法など、詳細は下記のページをご覧ください。
【MT4スケールの固定】グリッドを絶対値で固定しよう!

MT4のデフォルト設定では、実現できない

MT4では、黒いスクリーン上に、白い点線の格子状のグリッドがデフォルト表示されますが、これでは不都合極まりありません。

そこで、グリッドビルダー(Grid Builder)という無料インジケーターを導入するというのが、一般的な流れになります。

グリッドビルダー(Grid Builder)という無料インジケーターを導入する

基本機能

グリッドビルダーの基本機能は下記の通りです。

  1. グリッド(水平線)の間隔をキリ番で設定する
  2. グリッド(水平線)の種類、太さ、色を好みに設定する

入手方法

下記のページから入手してください。
参考 グリッドビルダーベスト-METATRADER-INDICATORS.COM


英語のサイトですが、右上のプルダウンメニューで日本語に切り替えることができます。

ダウンロードボタンをクリックすると、「grid-builder.zip」がダウンロードされます。

zipファイルを解凍すると、下記のようなファイルが格納されていますので、「grid-builder」というMQL4ファイルのみ使用します。


EX4形式の実行用ファイルのみ配布される場合が多いのですが、グリッドビルダーはMQL4形式のソースファイルが公開されています。
エディター(MetaEditor等)でカスタマイズも可能ですが、ここではそのまソースファイルを組み込むことにします。

たった3分で設定完了する7ステップ

STEP.1
データフォルダを開く

MT4のプルダウンメニューからデータフォルダを開きます。
「ファイル」>「データフォルダを開く」
STEP.2
データフォルダに「grid-builder」を格納する

2階層下のIndicatorsフォルダ内に「grid-builder」をコピー&ペーストします。
「データフォルダ」>「MQL4」>「Indicators」>「grid-builder」

この作業が終わったら必ずMT4を再起動してください。
再起動せず、そのままSTEP.3に遷移しても、「grid-builder」は見つかりません。

STEP.3
「grid-builder」を挿入する

「挿入」>「インディケータ」>「カスタム」>「grid-builder」
STEP.4
パラメーターの入力

デフォルトの値は「50」になっていますが、これは5pips毎にグリッドを設定するという意味です。
それではさすがに細かすぎるので、例えば下記の値を入力します。
  1. 25pipsごとのグリッドなら「250」
  2. 50pipsごとのグリッドなら「500」
  3. 100pipsごとのグリッドなら「1000」
この例では、値は「1000」、グリッドの間隔は100pipsになります。

「OK」をクリックせず、隣のタブ「色の設定」に移動します。

STEP.5
色の設定

「色の設定」「幅」「スタイル」は、ご自身の好みで選択してください。

「色の設定」はデフォルトでは「None」=「MediumSeaGreen」になっていますので、そのままでよろしければ色の選択を行う必要はありません。
「幅」「スタイル」は変更していません。

最後に「OK」をクリックして、設定変更を確定してください。

STEP.6
これで搭載完了しました!

100pips単位のグリッド(水平線)が設定され、現状のプライスが格段に分かりやすくなりました。
STEP.7
パラメータの修正が必要な場合

STEP.4とSTEP.5の作業の途中で設定画面を閉じてしまった場合、下記のように開き直します。

また、入力したパラメータを間違えた場合や「色」「幅」「スタイル」を変更したい場合にも下記の作業を行います。

  1. MT4の画面上で、マウスを右クリックする
  2. 左記のメニューが表示されるので、「表示中のインディケータ」を選択
  3. 右記のウインドウが表示されるので、編集が必要な「grid-builder」をダブルクリックする
    あるいは「編集」ボタンをクリックする
  4. STEP.4~5の設定画面が開くので、修正を行う

デフォルトのグリッドを非表示にする方法

上記STEP.7で行ったように、右クリックでメニューを表示し、「グリッド」を選択すると、格子状の点線グリッドが非表示になります。

【無料】全65ページのFXトレードマニュアルを今すぐ!入手

ディナポリチャートを使用した優位性が高いトレード戦略を、【無料】全65ページのFXトレードマニュアルにまとめましたので、今すぐ!入手してください。

参考 【無料】全65ページのFXトレードマニュアル上野ひでのりプロFX

無料のMT4インジケーター【2021年おすすめ10選】

儲かるFX 無料のMT4インジケーター【2021年おすすめ10選】1~3分で簡単インストール可能!
MT4はとても自由度が高いチャートであり、デフォルトの機能だけで多彩なカスタマイズを行うことができます。
しかし、任意のグリッド設定、指定の間隔でキリ番表示だけは、グリッドビルダーの力を借りる必要があります。
さほど難しい設定作業ではありませんので、ぜひチャレンジしてみてください。

上野ひでのり