上野ひでのり【俺のドル円】+25.4pips YAZAWA+8.3pips

「俺のドル円」公式ホームページは、下記の画像をクリックしてご覧ください。

東京タイム前場2時間半限定 ドル円スキャルピングトレード

東京タイム9時から11時半の2時間半限定のドル円スキャルピングトレードです。
この時間帯は、9:55の仲値公示と日経平均株価の値動きを参考にできるので、理論的で取り組みやすいです。
どの時間帯よりも簡単に勝てるので、万人にお勧めです。
狙う値幅は1~3pips、ポジション保有時間は3分程度が標準です。
通常10回から15回程度のトレード回数をこなし、毎日平均10pips超の収益を目標とします。
MT4版「単純明快FXチャート」のドル円スキャルピング専用プロファイルを使用しています。
ドル円トレードの鬼・上野ひでのりと「上野ひでのりのFX家庭教師」受講中の一番弟子YAZAWAのトレード結果を報告します。

本日前場9:00~11:30の値幅とトレード戦略

高値109.698 安値109.473 値幅22.5pips

会員向けに8時に配信したトレード戦略動画で述べた通り、8時時点で既に109.750を割り込んでいましたので、110円台は、日経平均株価が21,000円を超えるような急騰をしない限りまずあり得ない。
18日(金)のNYタイムの急騰の押し目を探す展開になる可能性もあり、500の節目を試す可能性も想定しておくべきということで、やはり下落バイアスが強い午前中の相場になりました。

ドル円トレードの鬼・上野ひでのりのトレード成績

ショート 109.645 ⇒109.624 +2.1pips
ショート 109.634 ⇒109.222 +1.2pips
ショート 109.636 ⇒109.615 +2.1pips
ショート 109.595 ⇒109.604 -0.9pips
ショート 109.640 ⇒109.626 +1.4pips
ロング  109.650 ⇒109.669 +1.9pips
ロング  109.629 ⇒109.641 +1.2pips
ロング  109.613 ⇒109.605 -0.8pips
ショート 109.584 ⇒109.558 +2.6pips
ロング  109.508 ⇒109.538 +3.0pips
ロング  109.508 ⇒109.505 -0.3pips
ショート 109.499 ⇒109.498 +0.1pips
ロング  109.504 ⇒109.534 +3.0pips
ロング  109.554 ⇒109.569 +1.4pips
ショート 109.563 ⇒109.547 +1.6pips
ショート 109.540 ⇒109.531 +0.9pips
ロング  109.589 ⇒109.601 +1.2pips
ロング  109.608 ⇒109.613 +0.5pips
ショート 109.598 ⇒109.566 +3.2pips
計 +25.4pips 17勝2敗

9時の寄付き早々から、650のサポートを割り込み、その後は650から600の5pipsレンジを9:36まで続けましたので、この間は650近辺での戻り売りを繰り返した序盤でした。
その後はいったん反発したものの、9:55の仲値に向けては下落、その後も続落で500を割り込む流れになりましたが、ここでは基本押し目買い戦略です。
その後は戻り売りを基本戦略にしながらも、反発上昇局面ではトレンドを追いかけるロングも織り交ぜて、狭い値幅で少しずつ利益を積み重ねていきました。
本日のトレード時間中の値幅は22.5pipsに対して、実績は+25.4pipsと、レンジ幅を上回りましたので、かなり良いトレードができたと思います。

一番弟子YAZAWAのトレード成績

ロング  109.612 ⇒109.625 +1.3pips
ロング  109.619 ⇒109.623 +0.4pips
ロング  109.608 ⇒109.630 +2.2pips
ショート 109.653 ⇒109.647 +0.6pips
ロング  109.651 ⇒109.668 +1.7pips
ショート 109.686 ⇒109.678 +0.8pips
ロング  109.508 ⇒109.482 -2.6pips
ショート 109.565 ⇒109.554 +1.1pips
ショート 109.578 ⇒109.568 +1.0pips
ショート 109.606 ⇒109.588 +1.8pips
合計 +8.3pips 9勝1敗

序盤に長く続いた650から600の5pipsレンジで、私は戻り売り、YAZAWAは押し目買いの回転で利益を重ねていますが、これは、どちらでも良いと思います。
私は足元のトレンドを順張りで追いかけるタイプで、YAZAWAは逆張りでリアクションを狙うタイプです。
東京タイムの午前中については、リアクション狙いの優位性があるのは確実なので、この時間帯、ドル円という通貨ペアであれば、このトレードを続けていっても良いでしょう。
週末もじっくり今後のトレード方針について話し合ったのですが、「平日午前中のドル円トレードしか今後絶対にやらない」ことを確約しましたので、このスタイルを限界まで極めてもらうことにしました。

上野とYAZAWAのトレード成績に大きな差が生じた原因とは?

上野のトレード回数は、YAZAWAの約2倍なので、いちばん大きいのは手数の違いですが、平均収益の値幅も上野のほうが明らかに大きいので、順張りと逆張りのポジション保持時間の違い(順張りのほうが長持ちしやすい)による収益力の違いと言えるかもしれません。
ただ、仲値前の戻り高値700から500を割れていく大きな下落トレンドの中で、その途中で一度もショートエントリーできていない(トレンドに乗れていない)のは、非常にもったいないと思います。
それを含めてのYAZAWAのスタイルということで致し方ないでしょう。
今後も引き続き頑張ってください。