上野ひでのり【俺のドル円】+23.5pips YAZAWA+14.6pips

東京タイム前場2時間半限定 ドル円スキャルピングトレード

東京タイム9時から11時半の2時間半限定のドル円スキャルピングトレードです。
この時間帯は、9:55の仲値公示と日経平均株価の値動きを参考にできるので、理論的で取り組みやすいです。
どの時間帯よりも簡単に勝てるので、万人にお勧めです。
狙う値幅は1~3pips、ポジション保有時間は3分程度が標準です。
通常10回から15回程度のトレード回数をこなし、毎日平均10pips超の収益を目標とします。
MT4版「単純明快FXチャート」のドル円スキャルピング専用プロファイルを使用しています。
ドル円トレードの鬼・上野ひでのりと「上野ひでのりのFX家庭教師」受講中の一番弟子YAZAWAのトレード結果を報告します。

本日前場9:00~11:30の値幅とトレード戦略

高値108.672 安値108.371 値幅30.1pips

昨日のNY株式市場は、まずまず堅調で、9:00時点での日経平均もやや高値で寄り付いたため、125pips単位の重要な節目108.750(黄色の太いライン)のレジスタンスにチャレンジする流れが、ほぼ確実だというシナリオを準備してのスタートです。
結果的に、株価は寄付き天井となり、じり安。ドル円も9:00の高値108.672が前場の高値ということで、10:34の安値108.371まで、30.1pipsの下落となりました。
その後450まで反発してから、再度安値を試して、前場引けにかけての急反発という流れです。
本日の相場の最も大きな分水嶺は118.500の節目であり、9:55の仲値に向けて、500を大きく割り込む流れになったことで前場のトレンドが決定的になりました。

ドル円トレードの鬼・上野ひでのりのトレード成績

ショート 100.647 ⇒100.642 +0.5pips
ショート 100.592 ⇒100.573 +1.9pips
ロング  108.555 ⇒108.577 +2.2pips
ショート 108.532 ⇒108.527 +0.5pips
ロング  108.518 ⇒108.532 +1.4pips
ロング  108.541 ⇒108.555 +1.4pips
ロング  108.532 ⇒108.553 +2.1pips
ロング  108.528 ⇒108.542 +1.4pips
ロング  108.516 ⇒108.498 - 1.8pips
ショート 108.474 ⇒108.468 +0.6pips
ロング  108.427 ⇒108.446 +1.9pips
ロング  108.398 ⇒108.416 +1.8pips
ロング  108.404 ⇒108.410 +0.6pips
ロング  108.377 ⇒108.390 +1.3pips
ロング  108.423 ⇒108.446 +2.3pips
ロング  108.407 ⇒108.420 +1.3pips
ロング  108.390 ⇒108.411 +2.1pips
ロング  108.469 ⇒108.489 +2.0pips
計 +23.5pips 17勝1敗

本日の前場を通して、完全な下落相場ですが、ショートはたった3回しか仕掛けていません。
9:00スタート時点での高値の売りは何の問題もありませんが、500のサポートに接近しては、ドル円という通貨ペアの特性として、突っ込み売りで急反発を食らう可能性が高いため、500に接近する度に、ロングのスキャルピングを繰り返して収益化しました。
500を割り込んでから、もう一度ショートを試しましたが、ドル円は下げ渋りが激しいため、安値に突っ込む度にロングを繰り返す戦略に転換しました。
下落相場であっても、このようなじり安相場の場合、ロング主体のほうが収益化しやすいのが、東京タイム午前中の特徴です。
その代わり、値幅はそれほど取れませんので、手数で稼ぐということで、18回ものトレードを繰り返し、+23.5pipsの成績には満足しています。

一番弟子YAZAWAのトレード成績

ロング  108.612 ⇒108.622 +1.0pips
ロング  108.573 ⇒108.589 +1.6pips
ロング  108.561 ⇒108.576 +1.5pips
ロング  108.522 ⇒108.549 +2.7pips
ショート 108.473 ⇒108.452 +2.1pips
ロング  108.425 ⇒108.459 +3.4pips
ロング  108.408 ⇒108.422 +1.4pips
ロング  108.406 ⇒108.376 -3.0pips
ショート 108.438 ⇒108.426 +1.2pips
ショート 108.494 ⇒108.473 +2.1pips
合計 +14.0pips 9勝1敗

9:00過ぎ序盤のロングは、おそらく500のサポートを試す下落相場になるというイメージなく、単に押し目買いを繰り返したのだろうと思いますが、それでも収益化可能なのが、午前中のドル円のスキャルピングです。
500のサポートを割り込んだ後に、473でショートエントリーできたのは、戻り売りという安心感があったとは言え、今までトレンドフォローの売りが苦手であったYAZAWAの大きな成長を感じるトレードポイントです。
唯一のロスカットは、そのままキープしていれば収益化できたポイントでしたが、その時点では-5.0pipsのストップがついてしまう可能性も十分あった訳で、-3.0pipsのロスカットは妥当であろうと思います。

上野とYAZAWAのトレード成績に差が生じた原因とは?

手数の違いだけだと思います。上野が18回、YAZAWAが10回のトレードなので、その差です。
本来YAZAWAが得意とする押し目買いの繰り返し、回転を、もう少し積極的にできれば、もっと収益を上げることができるでしょう。
明日も引き続き頑張ってください。