上野ひでのり【俺のドル円】+21.0pips YAZAWA+14.9pips

東京タイム前場2時間半限定 ドル円スキャルピングトレード

東京タイム9時から11時半の2時間半限定のドル円スキャルピングトレードです。
この時間帯は、9:55の仲値公示と日経平均株価の値動きを参考にできるので、理論的で取り組みやすいです。
どの時間帯よりも簡単に勝てるので、万人にお勧めです。
狙う値幅は1~3pips、ポジション保有時間は3分程度が標準です。
通常10回から15回程度のトレード回数をこなし、毎日10pips平均の収益を目標とします。
MT4版「単純明快FXチャート」のドル円スキャルピング専用プロファイルを使用しています。
ドル円トレードの鬼・上野ひでのりと「上野ひでのりのFX家庭教師」受講中の一番弟子YAZAWAのトレード結果を報告します。

本日前場9:00~11:30の値幅とトレード戦略

高値112.604 安値112.404 値幅20.0pips

本日は、早朝4:00にFOMCの結果発表があり、ドル高、株安に傾いていました。ドル円はドル高の恩恵を受けつつ、株安によるリスクオフの円高で、相場の分水嶺である625pipsの節目のプライス112.500を挟んでの値動きが続いていました。
加えて、本日は20日で、ゴトー日のドル買い需要(輸入企業の代金決済用)で、9:55の仲値までは上昇することが、ほぼ確実視されました。ターゲットは前日大引け前の112.666です。
「9:55までには、112.600台までの上昇があるが、その後は下落」のシナリオを描きやすかったと思います。
9:55の仲値までは、112.500を挟んでの乱高下の様相で、1分足のローソク足も長く、450~475レベルでロングエントリーし、500を超えたら手仕舞いというトレードを繰り返せば、値幅も広めで、美味しいトレードになりました。
仲値過ぎに112.604の高値をつけてからは、下げ渋りながらのじり安で、ローソク足の長さも短くなり、短時間で取れる分かりやすい収益機会が少なくなりました。本日は、仲値まで55分間に集中すべき相場でした。

ドル円トレードの鬼・上野ひでのりのトレード成績

ロング  112.488 ⇒112.525 +3.7pips
ロング  112.494 ⇒112.473 -2.1pips
ロング  112.444 ⇒112.474 +3.0pips
ロング  112.442 ⇒112.463 +2.1pips
ロング  112.528 ⇒112.533 +0.5pips
ショート 112.483 ⇒112.454 +2.9pips
ロング  112.497 ⇒112.532 +3.5pips
ロング  112.485 ⇒112.524 +3.9pips
ロング  112.558 ⇒112.569 +1.1pips
ショート 112.519 ⇒112.510 +0.9pips
ショート 112.484 ⇒112.469 +1.5pips
計 +21.0pips 10勝1敗

仲値前の55分間の8回のトレードで17.5pips取れていたので、その後はそれほど無理をする必要はありませんでした。
112.604の高値をつけてからのじり安は、112.500のサポートが機能するかどうかを試す相場となりました。
前場引けの11:30までに割り込むだろうことは、ほぼ確実と思いましたが、下げ渋りながらのじり安は、小反発を繰り返しながら下げるため、収益化はなかなか難しいものです。
したがって、2度ショートエントリーしましたが、9:55の仲値以前と比べると、たいした値幅は取れていません。
結果として、本日午前中の値幅が20.0pipsに対して、+21.0pipsの収益を上げられたことには満足しています。

一番弟子YAZAWAのトレード成績

ロング  112.438 ⇒112.447 +0.9pips
ロング  112.501 ⇒112.506 +0.5pips
ロング  112.462 ⇒112.466 +0.4pips
ロング  112.442 ⇒112.453 +1.1pips
ロング  112.461 ⇒112.475 +1.4pips
ロング  112.482 ⇒112.514 +3.2pips
ショート 112.596 ⇒112.582 +1.4pips
ロング  112.555 ⇒112.568 +1.3pips
ショート 112.589 ⇒112.580 +0.9pips
ショート 112.523 ⇒112.509 +1.4pips
ショート 112.492 ⇒112.476 +1.6pips
ロング  112.421 ⇒112.429 +0.8pips
合計 +14.9pips 12勝0敗

本日もたいへん素晴らしい成績を残しました。とても頼もしく思います。
勝率100%は、本当にたいしたものだと思いますが、仲値前の112.500下の安値(押し目)をとてもうまく拾っているのに、薄利の手仕舞いが続いたことが残念です。値持ちの良いポジションは、もう少し粘って利益を伸ばしても良かったと思います。
本日の高値112.604近辺での2回のショートは、YAZAWAトレードの真骨頂ですね。上野はあまり得意ではありませんが、今後も得意なスキルには磨きをかけてください。
本日のトレードでは、昨日、一昨日のような明らかな問題点はありません。
仲値以降は難しい相場になりましたが、十分に手数も出ているので、合格点を与えます。

上野とYAZAWAのトレード成績に大きな差が生じた原因とは?

9:55の仲値前のボラティリティは非常に高く(1分足の長さが長く)、しかも450から550手前のレンジだったので、もうちょっと手数を多くして、利益確定の値幅を伸ばす我慢ができていれば、ほぼ同程度の実績は出せたのではないでしょうか。

明日も引き続き頑張ってください!